技・成茶 味と香りの絶妙なバランス:「整」

「成茶加納って、どんなお茶屋?」・・そんなことを時々聞かれることがあります。

お答え:→「お客様の欲しいお茶を一緒に探して、ご用意するお茶屋です。」

 

 

① 50年も前、深蒸し茶が産声を上げる頃から扱っているので、深蒸し茶のことに関しては、ちょっとうるさいです。

② 山間地の銘茶にも関心があり、深蒸し茶には無い「香気」を引き出す"火入れ"をどう行うかをいつも考えています。

③ 山間地・平坦地、普通蒸し・深蒸しを問わず、個人経営の「自園自製」と呼ばれている茶農家とのお付き合いを大 

  切にしています。

④ 生産者と一緒に、たとえ小ロットでも「売れるお茶を1つ以上作ること」を目標に掲げています。

➄ 品種(深蒸し茶向きの水色の良い早生、やぶきたの代わりになるような中生、山間地向きの晩生)探し、

   需要に応じた栽培(露地か被覆か?)方法の選択、 荒茶製造(精揉機を使わない"玉緑茶"の販路拡大)、

   仕上げ加工(突き篩と廻し篩の使い分け、最適な合組=ブレンドするための要件)などを考えています。

 

このように、お客様のご要望にお応えするために、いろいろなお茶が詰まった「引き出し」を持っています。

 

店主の私自身は、お茶の仕事に就いてから(2018年時点で36年になりますが)、

時には好奇心で、また時には仕事を行う上で必要なこととして、

これまで生産や流通の現場で、いろいろなお茶(製品、商品)づくりを経験してきました。

自分が解決できないことは、茶職人や茶農家、試験研究の方々にお手伝いも頂きました。

失敗や挫折も数々経験しましたが、何とか"商品化"できたものもありました。

 

  「技・成茶」は、そのひとつです。 

ある時、お客様から、「味、香り、水色にバランスのとれたお茶があったら、飲みたい。」と言われました。

「どんなお茶を提案したら良いんだろうか」と、いろいろ考えて、まず個性的な原料茶を選ぶことから始めました。

次に、その荒茶を仕上げ加工して、 「味と香りと水色に、絶妙なバランスがとれたお茶を作ろう」としましたが、

バランスは綱渡りそのもので、そう簡単にできるわけではありません。

 

原料茶同士の相性はどうなのか?

仕上げ加工の際の篩の選択は正しいのか(目の大きさ、突きと廻しの順番はそれで良いのか)?

唐箕、色彩選別機はうまく使えているか?

火入れ機は電気式を使うか、それともガス式?

職人と一緒にいろいろなことを考えながら、試行錯誤を繰り返しましたが、なかなか上手いものが出来ません。

もうダメか!諦めかけ、妥協することも頭の片隅をかすめた、その時に形にできたお茶。

 

「ああ、良かった。めでたし、めでたし。」 

いえいえ、これで終了ではありません。

たまたまできただけ、偶然!では、"まぐれ"で片づけられてしまいます。

いつも、このお茶が作れるように、手順を記録しておくこと。

そしてその手順に従って、同じものができるかを確かめておかないといけません。 

 

 「技・成茶」は、職人が代替わりしても、十数年の間、ずっとお客様にご愛飲頂いて参りました。

この先も、当店の店主と職人が作り出す「整=茶の持つ1つ1つの個性をまとめ、ととのえる」の技をお確かめ下さい。