珠・成茶 シンプルでさっぱりとした味わい:「素」(す)

茶園から摘み取られた茶生葉は、生産者が荒茶を製造する工程でいろいろな形に変化します。

ミル芽と呼ばれる若く柔らかい部分は、細く撚(よ)り込まれて針状に、

葉柄(ようへい)の部分は、表が緑色、裏が白色の、茎に似たものになります。

また硬化した茶葉の一部は、揉み工程で粉になったり、細かい粒の細甚(ほそじん)になったり。

このように荒茶にはいろいろな部位が混ざっています。

 

その中で、幼木茶園から摘まれた青年期の茶芽は、脂っ気がある(脂が乗っている)ので、珠玉状に丸く締まります。

美味しさがたくさん詰まった貴重な部位なのですが、火入れ加工等にも間がかかるので、

これまであまり有効に活用されてきませんでした。

当店では、茶職人が仕上げ加工機の使い方に工夫を凝らして、この部位だけを集めて、飲みやすいお茶にしました。

葉の形状は小豆粒に似たもので、「初めて見た!」とちょっと驚く人もいます。

 

急須に入れてお湯を注ぐと、玉の葉はゆっくりと開き始めます。

深蒸し茶なのに滓(おり)も少なく、「さっぱり・すっきり」な味わいです。

ペットボトルの薄さに慣れている若い人に好評です。

でも味は、決して水のように薄くはありません。

淡白ですが、程よい甘みがお口の中に広がってきます。

他店ではお求めになれない、希少な逸品をどうぞお試しください。