「叶茶屋」店主のよもやま話


1.当店の電話番号 


A温泉旅館(4126:良い風呂)、B茶通販社(59-0141ゴックン美味しい)など、店名・社業と電話番号を、語呂合わせで一緒に覚えてもらおうとしている店や会社は、結構あります。

しかし、一度“電話帳”に登録してしまえば、次からはその都度数字ボタンを押さずに掛けられるのが、今のスマホ(携帯電話)。

だとすると、「商売屋の電話番号は、語呂合わせ等で覚えてもらうために、出来るだけ分かりやすいものを」という理屈は、“電話帳”機能が無かった頃の(固定電話が主流だった時代の)名残りなのでしょうか?

  当店の電話番号の下4桁は2783、覚えにくい4数字の羅列です。

何故わざわざ、覚えてもらい難いこんな電話番号を選んだのでしょうか?


答えは、当店創業(1948年)当時の電話回線事情にありました。

以下は、私の父である先代社長から聞いた話です。


「創業して、まず必要になったのは電話(電話番号)だった。

でも当時は、簡単に電話を引ける時代ではなかった。

電話債券を購入しなければならず、購入に多大な費用がかかることもさることながら、

静岡市の電電公社(NTT の前身で公営企業)には交換機が1つしかなく、市内局番というものもなかった。

従って電話番号は有限で、どこかの店が手放してくれないと入手できなかった。

加入予約してから延々待たされ、待ちくたびれ、諦めかけた頃にようやく、『2783が空きました』と電話局から連絡があった。

気が短く、既にしびれを切らしていた祖父は、『番号はなんでも良いから、早く申し込め。』

その一言で、『静岡局2783』は、加納茂三郎商店の電話番号になったんだよ。」


また後から祖母に聞いたことですが、2783番を手放してくれた、前の持ち主は、静岡市内の繁華街(七間町)にあったK陶器店でした。

「覚えやすく語呂合わせのできる番号に替えることができたので、2783番は必要なくなった」というのがその理由でした。


時代は流れ、静岡に市外局番「2」局ができ、それが「52」局、「252」局に変わっていきました。

替えようと思えばチャンスは何度もあったはずなのに、父も私も2783番を他番号に替えることをしませんでした。

きっと、使っていくうちにいつしかこの4桁に愛着が湧き、「気がついてみたら手放せなくなった」からに違いありません。


10年位前に、どこかで頂いたお菓子の、包装紙に書いてあった店の電話番号に眼が止まりました。

「2784」、「ウチと1番違いだ。」

「ここもその昔、待ち切れなくって取った番号なのかな?」

でも、店名が船橋屋とあって納得しました。


たかが電話番号、されど電話番号です。


「叶茶屋」店主のよもやま話


2.店名、社名


現社名の「成茶加納 (せいちゃかのう)株式会社」は、1991(平成3)年3月1日に、それまでの社名、「株式会社 加納茂三郎商店」を変更してスタートしました。早いもので、2019年で満28年を迎えます。

 保守的な茶業界にあって、社名・店名を変えるなどはあり得ないことに等しかったようで、当時は内外からいろいろなことを言われました。


「えっ?これって『なりちゃ』って読むの!」と茶化されたり、

「製茶加納じゃないの?」と誤字を指摘されたり、

「創業者の名前を外すなんて、言語同断!」と非難されたり。


  先代社長の父が、1987(昭和62)年末に急逝し、私は弱冠30歳で代表者になりました。

周囲の助言もあり、「父親から息子にバトンタッチしても経営方針は変わっていない」ということをわかってもらうために、三年間は新しいこと(改革)を極力慎みました。

ただその間に、取引先の新規開拓にも励みましたが、訪問先で名刺交換をすると必ず言われたのが、「伝統のある静岡市のお茶屋っていうのはわかるが、社名を聞いて何を扱っているのかわからないのはマイナスだね。」でした。


当時は、合併や業態変更を機にCI(コーポレート・アイデンティティ)を導入する企業が多かったように記憶しています。しかし同時に、単にカッコいい字体やロゴマークを導入しただけで、中身はほとんど変わっていないと感じる会社もありました。


私は業界内外の先輩達から意見を聞きながら、①社名は記憶に残る、漢字4文字以内。②苗字の加納は残す。③業種である茶を入れる  を軸にすることにしました。それに基づいて、コピーライターに社名を、デザイナーにシンボルマークを依頼しました。


上がって来た候補名を社員の意見や要望も参考にして検討を重ね、新社名は「成茶加納」に決めました。

頭の「成」は字画が少なくて書きやすいと思いましたが、最終的には創業者である祖父・茂三郎の「茂」と同義語[=しげる]であったことが決め手となりました。

一方のシンボルマークは、簡便性の高い缶やペットボトルのドリンクの消費量が多くなっても、茶器を使って「美味しくお飲み下さい。」「安らぎや寛ぎのあるティータイムをお愉しみ下さい。」という思いを込めて、筆で急須を描いたものにしました。


社名を変更して直ぐに喜んでくれたのは、「電話で名乗る時に、セイチャカノウという社名が噛まないで言えるから」という営業スタッフの女性でした。

その後の名刺交換で「『成』が印象に残るね。」「一度覚えたら忘れない社名だね」と言われることが多くなり、あのタイミングで変更して良かったと思っています。


後日譚を一つ、今では検索で同一名が既に存在するかどうかは簡単に調べられますが、当時は今ほどインターネットが便利に使えず、しっかりと調べたつもりでも「ウチの社名と同名(類似名)だ」とクレームをつけられないかという心配がありました。

幸い、今に至るまでクレームをつけられたことはありませんでしたが、もし「成」ではなく「精」を選んでいたら、岩手県一関市にある「精茶百年本舗」さんと類似名になってしまうところでした。

「先方に不快な思いをして頂くことがなくて本当に良かった。」と、そのことを思い出すたびに胸を撫で下ろしています。